読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キスマイ新春イベントについてただひたすら綴るだけのエントリ

先日1/5~8に横浜アリーナで行われたKis-My-福袋、当初想像してたよりはずいぶん楽しいイベントだったなーと、今振り返ると思えます。よかったよかった。予想よりも曲数多かったし企画もおもしろかったし、初めてのイベントにしてはバランスも良かった。一方でもちろん改善を求めたい点も多くありつつ。せっかく新しい試みだったので、個人的な総括というか感想をつらつらと書いてみますが、主に私が入った回(1/5 2部、1/8 1~3部)を見ての感想になるのでその点はご了承くださいませ。

【君にあえるから】
今回初披露だけどサビ部分の振りの手の使い方がきれいで、回を重ねるごとに好きになっていった曲。あーいしてる~♪のマイクを包むみたいな振りと、きみにきみに~♪で指をさす部分が特に好き。いかにも藤ヶ谷くんの指先のやわらかさや手首のしなり方が活かされる振りでたまらない。あとニカのダンスも好みだった。1度は映像になってほしいんだけどどうなるかな。

【今年の目標】
メンバーそれぞれが今年の目標を書き初めしたものを、ちょっとしたエピソードを交えて披露する企画。各々2~3種類くらい用意していたのかな?印象に残っているのは横尾さんの「アイドルになる」と北山さんの「おはしも(お前らのハートを死んでも揉みしだく の略)」。そして藤ヶ谷くんは「ニコニコする」「攻める」この言葉期待しかない。たいちゃん(笑)の笑顔も、攻める姿勢も大好きだ。みなさん2015年目標を達成できるようがんばってください。

【ランキング】

f:id:soleilprintemps:20150111154527p:plain

想像してたとおりの部分もありつつ、予想外だった部分もありつつ。
まさかBrand New SeasonとKISS FOR Uが1度も名前を見せないとは思わなかった…これには愕然とした。死票覚悟で入れた曲は他にあるけど、この2曲はせめてランクインくらいはすると思ってた…。
そしてエビバデ・テルミー・Smileの各曲強火派、コーリング大好き派とタナゴコロ初披露求む派がいることを把握。いやどれも好きな曲ではあるんだけどここまで顕著な結果が出ることに驚いた。あと意外と人気のスノド。え、なんで??なんでなの???出た当初あんなに嫌がられてたのに!(混乱)まあでも曲数に対してバラードや完全なる恋愛曲は少ないから、テーマに合えばそういう曲は強いのかもしれないな。

そしてアイススケートキスミント謎CMが流れ始めたあの頃、だれが想像していただろうか。今のダイスキデスのこの人気を。この曲に関しては跪く王子様の振りのときの会場の「きゃぁぁぁ」という高まりを肌で感じるので、ああこの王子感は女性は好きだよね…わかるよ…と納得する人気でもある。曲自体も良いけれどコンサートで披露してから人気が出た曲だなと思う。
近頃キスマイは、かっこいい曲はもちろんだけど、指先の振りが繊細だったり全体的に振りが優雅な動きの多い曲のおたくの反応が比較的良い気がする。テルミーもそうだけど、ダイスキデス・ツバサ・君にあえるから(これも反応いいよね?)とか。祈りとかMyLoveの系譜なのかな。シングルのミディアムもそういう振りにすればいいのに何であんなにシングルであればあるほど振りがダサいんだろう。

最終日3部に「ライブで踊ってほしい曲」を持ってくるあたりはさすが需要と反応をわかってるなーと。(もしかしたらただ単に練習する時間を最大限確保した結果、最終回での披露だったのかもしれないけれど)この回の会場の盛り上がりは本当にすごかったし、かっこいいダンス曲に対する需要がおそらくキスマイの予想以上であることも彼らに伝わっただろう。そういう機会、大事。パフォーマンスで会場の熱を一気に高めていくキスマイがやっぱり1番かっこいい7人の姿だと再確認したし、こういうキスマイのことをずっと見ていきたいと思った。
それにしてもHairはともかくブラホワが3位に入るとは思ってなかった。私はブラホワの人気を侮っていた。そんなに人気あるんだねブラホワ…かっこいいよねブラホワ。しかしそしてそれに対してなぜ入らないダンスタ…。Dancing Starというタイトルなのに踊ってほしい曲に入らないダンスタ…。また見られる日はくるんだろうか。権力のある方、よろしくお願いします。

この企画のもったいない点としては、上位曲にメジャーな曲かぶりが多く、入った回によってかなり満足感が違ってしまうということ。元々予想されていたことだし仕方がないとは思うんだけども。もし次にやるなら上位33曲の中から、バランス見て毎日ランダムで3曲やります!とかでも楽しそうだな。もしくはあまり上位曲がかぶらなそうなコアなテーマでもやってみてほしい。「ニカ千でやってほしい曲」「兄組でやってほしい曲」みたいにユニットでもおもしろそうだし。万が一「新しい季節に聴きたい曲」テーマなのにブランニューが入らなかったら泣きますw

今まで自分がキスマイの何かにおいて少数派だと思ったことはなかったんだけど、今回初めて、ああ多数派っていうのがとても大きな層として本当にどこかに存在するんだなあ…と存在を実感するきっかけになったランキングでしたね。思いのほか多数が死票になってしまったことを嘆きつつ、ブランニュー・きすふぉー厨が報われる日はくるのか…。こうご期待。 

【固定セトリ】
Thank youじゃん!と君にあえるから以外で固定セトリだった「運命Girl」「WANNA BEEEE!」「アイノビート」は上位3曲には入らなかったけど投票数の多かったシングル曲なのかな~と予想していて、前2曲についてはあながち間違いでもなさそうなんだけど、シェケではなくアイノビだったのはどうしてなんだろうか。間奏のダンスパートが盛り上がることを見越してなのだろうか。
固定セトリも2パターンくらいあるかなと思ってたけどそういえば結局なかったな。

【新春企画】
これは当たりはずれというかそれぞれ特性が違いすぎるからどの企画になるかによって全然雰囲気が違うんだけども、結局どれも楽しいんだけどどこかが惜しかったw 安全でかつ楽しい企画って難しいんですね。個々のおたくは参加せず、メンバーだけでぎゃーぎゃーやって勝敗は歓声で決めるくらいの企画のほうが断然おもしろいと思うんだけど、なぜ当人側は「ファン参加型」にしたがるのか。次のツアーが始まる前に話し合おう。

■福笑い(1/5 1・2部  1/8 1部)
メンバーと子どもの絡みがかわいいのでそれが楽しめる人は楽しめる企画。1番まったり。平和。メンバーも基本センステだから安全。でも子供6人連れてきて話振るうえにやるのは福笑いだから間延び感はもっとも激しいかな。個人的には1回見られれば十分満足する企画ではあった。(でも2回目もかわいかったから結果オーライだけど!)

■カルタ(1/6 1・2・3部  1/8 2部)
メンバーが本気で客席を駆け回ってどこかのおたくに配られた名前カードを探すため、1番近くでメンバーを見られる企画。ただそれゆえに近くにきたメンバーを触ろうとする人多発で、席移動や痴漢みたいなレベルのお触りが発生することも多々。ときにメンバーの腕を引っ張ったり、ルール違反(他メンの名前の紙を揚げて騙すなど)をするおたくが目に入って殺意がわくこともあったりとかなかったりとか。必死で走ってぎゃーぎゃー言いながらメンバーの名前を探してる姿自体はとてもかわいかったけれど。結局この企画の最も楽しかった点は、冒頭であるメンバーがあるメンバーのことを5・7・5で詠むのだけれど、そこに普段どう思っているかという面が詰まっていることであった。「だれ!?」「だれのこと??」とぎゃーぎゃーしながらそのエピソードを披露するキスマイはとても良いキスマイだった。

■運動会(1/7 1・2・3部  1/8 3部)
ただ網をくぐったり羽子板やったり粉の中から飴を見つけ出したり袋に入ってぴょんぴょんしたり風船をお尻で割ったり、ほぼメンバーがきゃーきゃーやってるだけの、可愛くて見てる方も楽しいお得企画。1番最後の障害である「借り物」のお題をせめて「物」だけにすれば、3つの中では1番良い企画だったんじゃないかと思う。

私が入った回(1/8 3部)がたまたま「手作りのペアルック1組ずつ」と「兄弟or姉妹1組ずつ」で計12人のおたくがステージに上がったんだけど、何よりも子供と男性以外のおたくをチョイスする企画は今のキスマイには鬼門だなーと思ってしまった。そもそも何故わざわざ危険性の高そうなお題にするのか?という疑問。子どもや親子連ればかりが良い思いをするという意見もたまに見かけるけど、マジョリティの年齢層をピックアップすると高確率で事故るのが想像できるから私はそれでいいと思うんだ…。そもそも正直おたくが視界に入る時間は無駄でしかないのでステージには上げないでいい。もちろんその中にはほほえましいおたくもいたんだけどね。

ただもちろん、ゲームを全力でがんばってよく笑いよくしゃべるメンバーたちは本当に可愛かったし良いものを見たというのは前提にはあって、きちんと楽しかった記憶のほうが大差で勝ってはいるので、運動会は良い企画ではあった。特にこういう自担(藤ヶ谷くん)の姿は、キャラ的にもメディアではなかなか見られないし大半部分は非常に楽しそうな表情をしていて私はとてもうれしかった。

あと初日は正直数度頭を抱えたMCが最終日には普通におもしろくなってたという成長も感じられつつ、ちゃんと初日からおもしろくできるように前々日くらいからしゃべりの練習を7人でしてください、という気持ちもwなぜ毎回、あのとてもおもしろいときの話の展開やテンポ感が初日にきちんとリセットされていてぎこちなくなるのだろうか。キスマイ永遠の課題。

【Thank youじゃん!振り指導】
客席のお立ち台でThank youじゃん!の振り付けをおたくたちに教えるという企画。(いわずもがな、教えてもらわなくても半数以上のおたくは踊れる)顔の横でピースを作ったり、羊をイメージしたくるくる手を回す振りがあったりととてもかわいらしい曲なので、自担の振り指導を間近で見られた人はとても幸せな気分であっただろうと思う。客席とのあまりの近さにひどく照れながらも、可愛らしい振り見本を見せてくれているメンバーは言葉で言い表せないほどとてもかわいかった。

しかしここでもやはり客席のマナー問題が勃発し、メンバーを見ていると同じ視界にそれが目に入り悲しくなるという状況に襲われるわけである。屈強なSPを配置してマナー違反のおたくのことは即時つまみ出してほしいくらいの気持ちだったけれど、メンバーたちはそんな中でもどうにかみんなに振りを教えるべく非常にがんばっていてその姿はプロだった。最後のじゃじゃーん!でのセーラームーンピースが常に全力なメンバーが可愛いし、特に自担のピースの角度完璧すぎて笑えるくらい。可愛い。

ところでThank you!じゃんがここまでキスマイからの発信が多い曲になるとは思わなかったですね。個人盤やマルチアングルやセブン盤があり、数都市でラジオ公録とハイタッチがあり、さらにイベントでメイン扱いされるThank youじゃん!という1曲がなかなか好待遇でおもしろい。


さて、カテゴリ別にわけて書いてみたけどこんな感じかな…。尻切れトンボ感がひどくてすみません。新しい試みなこのイベント、何よりも横アリでキスマイを見るのがひさしぶりだったけれどやっぱりこの規模はちょうどいいなあと。まあ「チケットをご用意することができませんでした」が1番嫌なので、コンサートはしばらくドームでいいと思ってる派なのだけども。最近はコンサートになるとどうしても宣伝MCが多くなるので、イベントではそうではない日常会話っぽいMCがたんまりあったのも楽しかったな。今年はどのような活動になるのか、7人でどうやって見せてくれるのか。どうやらそろそろ水面下では動き始めているようなので楽しみに待ちたいと思います。今回のこのイベントで何かを得て、それを次に生かしてくれれば何よりです。おつかれさまでした!

 


さて本来はあまり書きたくないのだけど、あまりにマナー違反がひどくそして悲しかったので、これ以上悪化しないよう願いを込めて以下にそういった内容について書きます。
もう耳タコな方も多いと思うので、読みたくない方はここでそっと閉じてください。ここまでお読みいただきどうもありがとうございました。

 

-------

軽く前述したように、今のキスマイ現場はマナー違反が目立つ。おそらく初めてのジャニーズの現場がキスマイ、みたいなファン層が多いということが理由なのだろう。
「団扇は胸の位置以上に上げない」のようなジャニ現場独特のルールは知らない人もいるのだろうし周りが注意していくしかないと思えるのだけど、「席移動禁止(1人1席の指定席制です)」「タレントに危険が及ぶ可能性のあるお触り禁止」「まわりの人に迷惑をかけない」これはマナー云々以前に人間として当たり前のことなはずなのに守れない人が多い。メンバー側が手を出してハイタッチや握手をする気だという意思表示があるならまだしも、トロッコ登場や客席登場でメンバーのことを無理に引っ張ったり叩いたり通路をふさいだりと、メンバーのことを人間として見てない人が多すぎる。しかも通路側の席の人たちだけではなく、通路から4~5列目の席の人が無理に通路側の人を押しつぶしてメンバーを触ろうとする。その様子はとてもじゃないけど好きな人の目の前で見せる行動ではない。メンバーや周りの人がケガしそうな場面を何度も目撃した。メンバーに無理矢理触れたからってご利益があるわけでもない、自分が自己満足するだけでメンバー側にはべたべた触られたり引っ張られたりしたという嫌な気持ちしか残らないであろう。どうして「運が良ければハイタッチできたらいいな」くらいに思えないんだろうか。相手の同意がない状態で無理矢理触ることに何の意味があるのだ。

今回のイベントの距離の近さは、いわゆる良席以外の人たちも近くにメンバーを見られる機会を増やして楽しんでもらおうという、キスマイ側としてはそういう意図だったのだろうと思う。そしてもちろん、多くのおたくは当たり前のようにマナーを守って、近くにきたメンバーを目にしてその場で喜んだり手を振ったりして楽しんでいた。でもやはり一部(というには多いのだけれど)のおたくのひどいマナーが目にあまるため、嫌な印象が残ってしまったのも事実だ。客席から見ていてもそう思うのだから、実際体験しているメンバーはどう思っているのか。私はもみくちゃにされたり引っ張られたりしているときの彼らの悲痛な表情を忘れられない。

おたくからの「遠くなってしまった」という声をうけて、彼らは「もっと近くに行く」「遠くなってない」「触れ合いたい」と口々に言っているので、おそらく今後もこういう企画はあるのだろうと思う。もちろん今回みたいな距離も詰め方もあると思う。一部以外、企画自体は悪くないと思う。(ただし借り物競争のテーマが悪かったのは言い続ける)ただこういう企画をするなら、きちんとおたくを躾けて良いことは良い悪いことは悪いともっと本人たちが発信しないと、今のキスマイ現場だと怖いなと思う。また、スタッフ側の危険性の認識も甘くないか?と思うことが多々あった。もし今後もファン参加型イベントをやるのであれば、現在のファン層についての詳細な認識とそれに対するリスク回避方法、改善策をもう少し詰めてほしい。メンバーや巻き込まれた客がケガをしてからでは遅いし、こういう客層がこれ以上増えてからでも遅いのだ。