読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小嶋陽菜というアイドルの才能の持ち主によるおまつり(1)

2/22(水)スカパー録画予約を忘れるというヘマに気付きながらも帰る時間はなく向かった久しぶりの代々木第一体育館
そこではめいっぱいの陽菜ちゃんの愛とセンスとこだわりがつめこまれた素敵な卒業コンサートが開かれたのだった。ー完ー


という一言で表現したいくらい、衣装もセットも人選も選曲も演出も陽菜ちゃんらしいキュート・セクシー・ラブリー・ゴージャス(とユニーク)がぎゅっと詰め込まれた陽菜ちゃんにしかできないコンサートで、こんな素敵なコンサートで卒業していく(卒業公演はまだだけど)姿をしっかり見られて私ってば幸せ!!と感無量の夢心地気分になれる時間だった♡いつでも主人公で凛としていて自分らしく美しく表現する陽菜ちゃんは私にとってのアイドルの入口であり10年間ずっと好きな人で、陽菜ちゃんを好きな間、ずっとずっと「楽しい」しかなかった。スーパーアイドルこじはるちゃん、今までありがとう。卒業公演当てて!!笑

■セトリの話
おおまかにわけると「定番・王道アイドル曲ブロック」「ショータイムブロック」「劇場公演/ユニ曲ブロック」「聞かせる思い出曲ブロック」みたいな流れになっていて、改めて陽菜ちゃんのアイドルの才能の幅広さに感服させられて楽しかった。
中でもショータイムがあまりにも好みど真ん中で至高だったのでこれは改めて後で触れるのだけれども、その他では王道アイドル曲を新たに踊ってくれたのがとても嬉しくて!セクシーな印象が強い陽菜ちゃんだけれど、指先や関節がふわりとした柔らかいダンスを踊るので王道アイドル曲を踊ると魔法使いみたいな仕上がりになるのが彼女のアイドルダンスの素敵な持ち味の1つだと思っているので、「LOVE修行」「呼び捨てファンタジー」というどちらかといえば若手10代アイドル向けの可愛い振りもさすがお手のもの。そして陽菜ちゃんが踊ると可愛いだけではなく色気のあるキュートなお姉さんらしくなるのがまた良い。特に呼び捨てファンタジーは振りも曲も大好きな曲なので、踊ってる陽菜ちゃんを生で観られるなんて!という感動とともにまゆゆきりんメインのままにしたのがまた陽菜ちゃんらしいなあと思ったものだった。絡みは少ないけれど陽菜ちゃんはこのふたりのアイドル能力のこととても買ってるし大好きだよね…!と常々思っている。

まゆゆさくらとの「Bye Bye Bye」での“思い出特にないけどバイバーイ!”みたいな絶妙なコント(大好き!)は可愛くて笑えつつ、ゆきりん由依ちゃんとの「☆の向こう側」は歌える3人の可愛らしいアイドル声がとても合っていてとても良い人選だなあこれはセンスだなあという1曲だった。声が合う人たちのユニゾン大好き!
そして陽菜ちゃんに憧れているあかりんとさや姉との「抱きしめられたら」はあかりんをあまり知らない私でも「よかったねえ…」と美しい3人を親心で見ていた。

OGとのコラボでさすがの選曲だったのは優子との「禁じられた2人」。本人がSHOW ROOMでも語っていたように「ファンの人は見たいかなあと思って」でしっかりこの曲を持ってくるあたりが本当にデキる。裏切らない。最後のキス1歩手前コントもキュートでかわいかった!!それにしても「今日この曲を2人で歌うっていうことはそういうことだよね」を優子から陽菜に向けられるということの重さ。笑

そして個人的に1番泣けた敦子との「桜の木になろう」。そもそも私の脳みそはこの曲の敦子の声を聴くと涙が込み上がってくるようにインプットされているようなところがあるのだけれど、向かい合いながら微笑む陽菜と敦子を見てるともう更に泣けてきてね…。陽菜ちゃんが向かい合って照れくさそうにするのなんて敦子くらいじゃないかな!?と思ってしまう、そんなつかず離れずマイペースな2人が向き合って佇む姿がとても美しくて、きっと2度と見られないんだろうと寂しくもあった。敦子と陽菜と、そしてたかみなの声が私にとってのAKBの歌声。

冒頭の「スカート、ひらり」とアンコール1曲目「夕陽を見ているか?」、ラストの「ハート型ウイルス」は絶対にはずせない3曲(純クレもだけれど)。期待の曲で期待の演出をもってきてくれる信頼感は見事だったし、大人になった7人のスカひらは貫禄と美の競演だった。赤いワンピースの7人を忘れない。

■SHOW TIMEブロックの話
今回の卒コンで1番好きだったのがこれ♡
ひたすら感嘆の溜息を漏らしながら魅せられた中盤のSHOW TIME。バーレスクを思い出させるようなセットの大階段の上に突如現れたポールに纏わりつきながらの「誕生日TANGO」は大人エロの陽菜ちゃんと可愛らしい2人(あんにん・れなっち)の対比がさながら売れっ子ポールダンサーと新入りの後輩のようでとてもかわいらしく魅惑的。見目のよい3人が歌う「美しすぎたらふしあわせ 全ての男が寄ってきてちやほやされても疲れるわ」「みんなに愛されたところで 誰も見返り求めて来る」という説得力。経験してみたい。
そして私がこの日もっとも大好きな「シャムネコ」~「ハイテンション」の流れが始まるわけですが、まずシャムネコに乗ってるだけで保つ陽菜ちゃんの画力の素晴らしさ。表情と仕草のパフォーマンスが見事な位ドルだとは知っていたけれどそれはこのSHOW TIMEが真骨頂だったと思う。「生意気でツンとしていて寂しがりでプライドの高いシャムネコ」を演じている陽菜ちゃんは綺麗なまでに孤高の女王様でしかなくて切なさすら感じた。そしてメンバーにゆあみが入っているところも個人的には沸く要因だった。ゆあみは猫!
続いての「ヴァージニティー」は引き続きネコに乗った陽菜ちゃんが若手の美貌&スタイル選抜と思われしきメンバーたちを(鞭に見立てた?)リボンで操るというこれまた魅惑的な演出の1曲。鞭のようなリボンに衣装がTシャツ×レザーのショーパンなことも相まってSっ気の強い雰囲気で、でも曲は切なさもあって陽菜ちゃんの表情はその切なさに寄っていて、それが非常に魅力的なバランス。リボンで女王様に操られるお嬢さん達という構図がなかなか倒錯的で今までに見ない1曲に仕上がってて素晴らしかった!
この2曲の演出は特に陽菜ちゃんだからこそ、陽菜ちゃん以外には出来ない唯一無二のものだったのでぜひ色々な人に見てほしい。これは本当に見てほしい!!
そのあとは可愛いお人形さんみたいな演出の「ただいま恋愛中」「Baby!Baby!Baby!」という大好きな2曲(陽菜ちゃんは出ない)があって、このブロックラストはハイテンションで花道練り歩き!ハイテンションはライブ映えする楽しい曲だし先陣切って練り歩く曲が陽菜ちゃんに似合わないわけない。わかりやすく「お・ど・れ!お・ど・れ!!!」が曲の通りテンション高くなって楽しい!!

この誕生日TANGO~ハイテンションのショーみたいに、耽美と儚さと切なさとキュートさと華やかさとえっちさをMIXさせたショーを美少女たちが毎日やってくれるようなショーパブが欲しいです陽菜先生…!もしくはどこかの劇場で再演して!!
結構本気で言うけれども、陽菜ちゃん演出・監修のショーに特化したアイドルグループとかできないものだろうか……!!こういうものがもっと観たいよーーーーー!最後にこんな可能性を魅せて去っていくなんてずるい。笑
でもそれくらい魅了されるものを作ってくれて本当に感謝。ありがとうアイドルの天才。

 

小嶋陽菜卒業コンサート「こじまつり~小嶋陽菜感謝祭~」<セットリスト> - モデルプレス


衣装のこともいろいろ書こうとしたけれど、長いので一旦おわり♡